ボンバーマンジェッターズBD化決定!!.png

2011年12月20日

バッカーノ!1711を買いました&読みました!

バッカーノ!1711.jpg

↑帯で切れちゃってヒューイが怖いことになってますね!!ww

発売日の次の日には購入して、そのまた次の日には読み終わってたんですけどねー、当日書いていた感想が途中で消えちゃったので再びやる気を出すのに時間がかかってしまいましたw
(なんか最近こういうこと多いな・・・)





・・・と、その前に。


発売日に買って数ページ読んだっきり放置していた1932を読んだんですがね。

バッカーノ!1932.jpg

「これDVDの特典だったから1回読んでるんだよなあ」とか思って放置してたんですが、いざちゃんと読んでみると忘れている部分の多いこと多いことwww
少しずつ思い出しながら、一気に読みました。
まああれですよ。グラハムはやっぱり最高だって話ですよ!
あとシャフトのツッコミな。
クレアや、今回出てきたスミスの旦那もだけど、成田良悟はどうしてこんだけいかれた人間を何人も産み出せるんだろうね!
スミスの旦那のしゃべり口からにじみ出る漆黒の狂気に、私は笑いをこらえることができなかったよww
狂気(笑)








・・・で、肝心の1711ですが。

人が恋に落ちていく様子を細かく描写されて「やめろ・・・お願いですやめてくださいいいいいいいあああああああああああ」ってなったのは初めてですorz
ニキ・・・!
フェルメートがどれだけ「ニキを愛していた」と主張しようが、私はフェルメートを許せない。
チェス君やモニカの件だけでも万死に値するというのにあの男は・・・!
ラストのエルマーとのシーンでかなりスッとしましたが、あれじゃ足りない!
もっと!もっとあの男に絶望を!!!
・・・くそ・・・フェルメートのせいで私まで暗黒の狂気(笑)に飲み込まれそうじゃないか・・・!
バッカーノ!全体の完結編と言われている2003では、どんな結末になるんだろうか。
誰かフェルメートを完膚無きまでにたたきのめしてくれるんだよね!?ね!?
エルマーでもアイザックでも誰でもいい!頼むよほんと!!

ところで。
1700年代のヒューイは完全に主人公ですね。
「主人公がはっきりしない(=全員が主人公)群像劇」がバッカーノ!ですが、この年代ばかりはヒューイが主人公でしょう。
今回の1711なんか半分以上出番がなかったのに、アメリカに着いたあとのエルマーとの別れのシーンとか完全に主人公とその親友ですよ。
1930年代を読んでいて嫌悪感しか感じなかったこの男を、応援したくなる日が来るなんて思わなかったですよほんと・・・。
フェルメートの末路もだけど、シリーズの中で何かしらの結論を出すであろうヒューイの動向も気になりますね。

あと・・・ヴィクターかわいすぎだろwwwww
今までもそう思ったことは何回もあったけど、今回のヴィクターはかわいすぎたwww
はやくルクレツィア様に会えるといいね!ww

ルクレツィア様といえば・・・この作品の中にどんだけ不死者いるんだよというツッコミを入れたくなりましたね、今回は。
「出来そこない」を飲んだ人間を含めると、普通の人間じゃない人がいったいどれだけいるのかと。
これどうやって風呂敷たたむんだよ・・・。
で、ラストにルクレツィア様と一緒にいたのってニキだよね!?
生きてはいるけど普通の状態じゃないっぽい・・・フェルメートやヒューイ・エルマーと再会する展開はあるのか?どうなっちまうんだよほんとに!

あと2シーズンで終わっちゃうんだよなあ・・・残念で残念で仕方ない。
1935と2003がそれぞれ上下巻構成の可能性もあるから、最後まで刊行されるのは3年くらい先になるんじゃないかと予想してるけど、それでも残念だ。
後書きで「完結したあとも番外編的なものは書くかもしれない」と言われているけど残念だ。
不死者を扱っている以上、区切りをつけないと永遠に終わらないことはわかってるけど残念だ。
残念だ・・・残念だよ・・・だって私バッカーノ!大好きだもん!!!

アニメ2期だって待ってるんだよ!!!
先日作者がついったーで「ふぇいとぜろ放送中のCMで何か発表があるかも・・・」みたいなこと言うから「バッカーノ!2期こいやああああああああああ」ってめちゃくちゃwktkしてたら全然別のモノのCMで最高にがっかりしたよ!!

贅沢言ってるのはわかってるけどさ・・・私のバッカーノ!欲はまだまだ満たされないよ・・・。






posted by しげる at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック