ボンバーマンジェッターズBD化決定!!.png

2012年02月28日

LASTEXILE -銀翼のファム- を見て興奮している私の話。

今回も記事を独立させてしまいました。

終盤にさしかかってますが、私は前作のBD-BOXが欲しくて仕方なくなってきていますw
だって毎回のようにCMやるんだもの!!空気感最高なんだもの!!


なんかもう懐かしくて、ネットで見つけて衝動的にこれ買っちゃいましたよ!!

ラストエグザイル砂時計の旅人(1).jpg

前作のその後を描いたオリジナルコミックですね。
アニメの作画監督をやられていた方が描いているので何の違和感もなく入り込めました。
ちくしょうラブコメしやがって!はやく続きが読みたい!
(ちゃんと完結するといいんだけど・・・)





今作を見ていて思うのは、前作がいかにわかりやすい敵を相手にしていたかということですね。
巨大な敵としてギルドが、明確な悪としてマエストロ・デルフィーネがいたことで、終盤は勧善懲悪的なストーリーとして成立していたなあ、と。
今作は各国の事情が複雑に交差していて胃が痛くなりそうですよ。
こういう「誰も悪くない戦争」って見ていてつらいですね・・・。
と、思っていたら。なんだかあっさり停戦してしまいましたね。(ルスキニア不在のままだけど)
アウグスタの鶴の一声で戦争を終わらせることができるなら、「なぜ今までやらなかった」と言いたくなってしまいますねw
なんだか肩すかし食らった気分です。
これからは国家がどうとかではなく、エグザイルや惑星自体の話になっていくんだろうか。
でも停戦しただけで国家間のわだかまりがなくなったわけではないしなあ・・・。
もうあんまり死人が出ませんように・・・でもアデスの護衛あがりの2人は、両方とも生き残ってるラストが想像できません(´;ω;`)
あーそういえば最新話は、なんだかファムの出自について明らかになりそうな引きでしたね。
あのおじいちゃん将軍の関係者・・・もしかしたら血縁だったりするんですかねえ。
万が一ファムがおじいちゃん将軍の孫だったりしたらご都合展開だけどときめいちゃうね!

あと今作はですねー、前回の感想でも書きましたけど男臭さが足りないですね。
いいね!と思える男キャラの少ないこと少ないこと。
若い将校とかどうでもいいからおっさんを出せよ!
まあ・・・今回の戦乱でも最終盤まで生き残ったおじいちゃん将軍には惚れざるをえませんがね!(これから死ぬ可能性が大いにあるけど)
女の子がかわいいならイケメンキャラなんていらないだろ・・・顔のいいキャラなんてディーオとかルスキニアだけで十分じゃんよ・・・
と言いつつ女の子ばっかりだと文句を言うのがしげるクォリティ。

あとはアルですね!
毎週金曜深夜はついったーでアルがアルがと騒いでおります。
初登場のときなんか興奮しちゃって・・・やっぱアルはかわいいよ。
中の人が交代したわけですが、当時の白木杏奈と現在の花澤香菜とでは実力に差がありすぎるので、別人だから違和感が・・・ということはなかったですね。
今後アルはどうなるんですかね・・・まさかまた鍵として使われたりしないだろうな。
ていうかなんでアルはあそこにいるんですかね。なんでクラウスたちと一緒にいないの?
こういう話をし始めるとなんでディーオはそこにいるの?ってことになってくるうえに、答えなんか出るわけないのでやめときます。
しかしね・・・クラウスたちといえばね・・・総集編やばかったね!!!!!!
まさか前作のOPとEDをそのまんま使ってくるとはね!!!!
びっくりして嬉しくて大騒ぎしちゃったよ!!!!!
クラウスとラヴィの新作カットまであってね!!!!!あれじゃクラウスがヴァンシップ内で息を引き取ってるようにも見えたけどね!!!!!
モランがちらりとも出なくてかわいそうだったけどね!!!!!

やっぱり私は前作が好きだと再認識しちゃったね!!!!!
でもさ・・・あれなんで放送開始前にやらなかったの??
実写の特番やるくらいだったら放送前に前作の世界観紹介しておいた方がよかったろうに。
2回前には今作前半の総集編やったばっかりだし、構成ミスとしか思えませんよ?
ただ、先ほど書いたとおり私はBD-BOXがほしくてしょうがなくなってるので、総集編をやったこと自体は正解だと思います。
クラウスとラヴィは、最終回で復活するであろうグランレースにしれっと2人で参加してればいいよ。それだけで私は満足だよ。

なんだかんだで毎週ついったーに吐き出しているので、改めて書こうと思うことは少なかったかも。
終盤がしっかりと盛り上がるといいですねー。


いつか、いつか前作BD-BOX買ってやるんだ!




posted by しげる at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254457331

この記事へのトラックバック