ボンバーマンジェッターズBD化決定!!.png

2013年02月25日

THE MONSTER'S PARTY

昨日は約1年ぶりにJAMのライブに行ってきました!
横浜アリーナなんて初めて行きましたよ。

やっぱりJAMのライブは楽しい!
行くまではちょっとテンションが低かったんですけどねー、ライブが始まればそんなの関係ないですよ。
VICTORYやらSKILLやらが続いた最終盤はかなり暴れたので、今日はいつも通りに筋肉痛に見舞われてますw

セットリストはきちんと覚えていないし、他にまとめてる人がいるだろうから詳しくは書きませんけど、「次はちょっと懐かしい曲を!」とMCが入って「えっ何だろう!?」とめちゃくちゃwktkしたのに、始まったのがRISING FORCEだったときは「そ、その曲で懐かしいとか言っちゃうの・・・!?」と思いました。
きっと私だけではないはず。
アルバムでいうとBest ProjectとかFREEDOMくらいの曲じゃないと「懐かしい」と感じられないのは私だけじゃないはず。
鋼の救世主とかSOULTAKERなんかは発売自体は最初期の最初期だけど、ライブでは定番だから懐かしい曲とは言われないんだよね。
今挙げたような定番曲があるから難しいのはわかるけど、最初期の曲ももっと聞きたいよなあ。
そういった意味では今回POWERが聞けたのはかなり嬉しかった。
欲を言えばオリジナルメンバーで聞ければ一番なんだけど・・・仕方ないよね。

あと今回のライブで一番驚いたのは、JAMのライブを見に行ったはずが途中から新人バンドの解散ライブが始まっていたことですね!
いやあ、よかったですよあのバンド。THE MONSTERSと言ってましたか。
全員がボーカル兼任というのがすごいと思いますよ。
デビューしたばかりということで、初々しさがたまらんかったです。
デビューからたったの2週間で解散なんてもったいない・・・。
でもまあ、音楽性の不一致に体力の限界に・・・他にも諸々の事情があったんでしたっけ。
残念だけど仕方ないですね、数年後の再結成に期待しましょう。

今回はステージのビジュアル面での演出が新しかったですね。
MCでも言及されてましたけど、東京駅のイベントで一気に有名になったプロジェクションマッピングが導入されてましたし。
ステージ中央のディスプレイも斬新な配置で。
配置に関しては見づらかったと言えなくもないんですけど、映像の見せ方に関してはすごくかっこよかったです。
リアルタイムな映像のはずなのにまるで作り込まれたPVを見ている気分でした。
そういえば会場の上の方をカメラらしきものが何度も往復していたけど、どんな映像が撮れていたんだろうか。

映像といえば。
インターバルで流れた「早着替え」のあれ、撮影したとき楽しかったろうなあww
最初の数秒は本当にやってんのかと思ってびっくりしちゃいましたよww
遠ちゃんパートでは、Tシャツ破るまで遠ちゃんが肉襦袢着てるのわからなかった件。
ダニーは準備が大変だったろうなあ・・・。

最後に。
ライブの前日は横浜アリーナが空いていなかったらしく、ステージの設営は当日の午前0時ごろからの開始で、スタッフは夜を徹しての作業だったそうです。
本当にお疲れ様でした。最高の仕事だったと思います。
ライブってのは表舞台に立つ人と、その何倍もの人数の裏で支える人たちが作り上げた「作品」なんだなあとJAMのライブに行くたびに思います。
チケット代は私にとっては決して安くない額ですが、それを払うだけの価値はあると思っています。
さて、次にJAMのライブに行くのはいつになるかな・・・。


posted by しげる at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | JAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/331897989

この記事へのトラックバック