ボンバーマンジェッターズBD化決定!!.png

2016年10月31日

ゼーガペインADPオールナイト上映会!

ゼーガペイン10周年プロジェクトの締めくくり、オールナイト上映会@新宿サーバーに参加してきましたー!
ADPは何度も見たけど、新宿ピカデリーでは初めてでした。

DSCF5787.jpg
ついったーに写真が上がっているのをよく見たピカデリーのゼーガPOP。
人がいっぱいでこの角度からしか撮れなかったー。




新宿ピカデリーで一番大きいスクリーン1での上映会。
通路はADP一色でした。
DSCF5794.jpg
大丈夫かな、そんなに人来るのかな、と思ってたんですけど、杞憂だったみたいです。
数えてはいないけど、7,8割くらいの席が埋まってたんじゃないかなあ・・・完売こそしなかったけど、これってけっこうすごいんじゃないですか?

チケットは前日の夜に取りました。
ガラガラのシネマイクスピアリでのんびり映画を見るのに慣れてしまったので、長時間両隣に人がいる状態で映画を見るのは疲れそうだと思いまして。
今回は真ん中のいい席で見るより、端でいいから楽に見られる席にしたくて。
直前まで席の埋まり具合を確認して、これぞという席のチケットを確保して行きました。
いやー快適に朝まで過ごせましたよー。




入場者プレゼントと、ADP限定版BD持参者プレゼントの複製原画計6枚!
DSCF5802.jpg
キョウちゃん&カミナギのタンデム図とルーパが入場者プレゼントで、それ以外がめっちゃ重いADP箱を持って行ったごほうびでしたw
「これ外箱持ってくだけじゃだめかな・・・いやでも何か、何かあるかもしれないから!」と絵コンテも含めて全部持って行ったんですが、やっぱり外箱だけでも大丈夫そうでしたねーw




複製原画が入っていた封筒。
DSCF5815.jpg
セレブラム封筒もいいですけど、こういうのもいいですねえ。




スタンプ台が設置されていたので何かと思ったら、SBGのときのスタンプが復刻してました。
SBGのときは青と緑だったのが、今回は赤と黄色でした。
DSCF5814.jpgDSCF5813.jpg
悪く言えばただの使いまわしなんですけど、SBGに参加できなかった人もいたでしょうから、いい救済措置ですよね。




色紙はカミナギでしたやったー!
DSCF5809.jpg
これで色紙は全員分そろったうえ、シズノ先輩とカミナギがダブるというかなり満足のいく結果に終わりました。







スタッフトークショーについて。
私よく「適当にしか書かんから詳しくはニュースサイトかよそのレポ見てね」みたいなこと言うくせによそのレポのリンク貼ったりはしない無精者なんですけど、今回は超がつくほど詳しいレポを見たので載せます。
こっち見てください。
驚くほど詳細。記録するためにあの場に行ったんじゃないかと思うくらい詳細。


さて、今回はゼーガのイベントで初めてシマ司令役の坪井さんにお目にかかりました。
ていうか私は坪井さんを生で見ること自体初めてなんですが。
ゼーガに対して尋常じゃないほどの思い入れがある浅沼さんと花澤さんの両名に比べると軽めな語り口でしたが、その端々からシマ司令と、そしてミナト(エマちゃんの方)への愛着が感じられて嬉しかったです。
坪井さんはオストロバ司令派。
これまでにいろんな人が言っていたように、坪井さんも「ゼーガの『この先』を楽しみにしましょう!」というようなことを言ってくださったんですけど、一拍おいて「僕は出ません」って言ってたのはちょっと笑っちゃいましたw
ネタっぽく高らかに宣言したわけじゃないのがまたじわじわきましたw
下田監督が慌ててフォローしてましたけど。
確かにTVシリーズの未来のストーリーだと、回想で無理やりねじ込むくらいしかできないですけどねえ・・・。
ADP方式もありならまだまだシマ司令を見る機会はありそうですよ。
ていうか、世界はいまシマ外伝を求めているんじゃないかと思うんですよ。
外伝ていうかシマ列伝が見たい・・・という話は前にもしましたね。

サンライズの松村Pは見るからに喋り慣れてない感がして、「が、がんばれ・・・!」ってなった。
そう考えると下田監督ってトーク慣れしてるよなあ。
下田監督といえば。
キョウちゃんの妹の名前がミサキであるということがADPで初めて監督の中で「決定事項」になったと聞いて「おいいいぃ!?」ってなった。
TVシリーズ最終回のクレジットに加えて、ドラマCDでキョウちゃんが名前呼んでるじゃん!!!!と。
ADP作る際にほかのスタッフにも同じツッコミを入れられたそうですが。
そもそも監督はドラマCDをこの10年まともに聞いていないらしく・・・。
そうか、ADP見て「ドラマCDでは○○だったのに!」って思ってたあれこれは無意味だったのかな・・・。
あんな重要なものをそんな軽く扱うんかい・・・とちょっとしょんぼり。

詳細レポにあるとおり、ルーパの語源についての話があったんですが、それを聞いた後にADPのエンドロールを見たらルーパがクレジットされている位置がすごい気になりました。
なんでオケアノス級のAIたちと並んでクレジットされていないんだろう・・・。
「もしかしたら彼女は何か嘘をついているかもしれない」と言われた後にそんなエンドロール見ちゃったら・・・疑心暗鬼にならざるを得ないw
あーミテイルセカイが信じられないw

絵コンテを見てオリジナルシマの名前がジョサであると知ったわけですが、今回のトークショーでフルネームが「ジョサ・アダマール」であると判明。
監督が話しているのを聞いて「ああああー!!そういうことかー!!」と思いました。
「アダマール」にやたらと聞き覚えがあるなーと思ってたんですけど、ADPで舞浜サーバーを移した先が「アダマールサーバー」だったんですよ。
「アダマールサーバーって名前なんだーふーん」程度にしか思ってなかったでござるwww
そりゃそうですよね。TVシリーズで「舞浜サーバーはオリジナルシマが管理するサーバーにある」って言ってたし、そのサーバーの名前が管理者にちなんだものであっても何も不思議じゃない。
いやー、私がいかに何も考えずにゼーガを見ているかまたひとつ明らかになってしまいましたね。


最後にいつもの「せーの、エンタングルー!」をやったんですが、今回は坪井さんに音頭を取ってもらいました。
それにあたって、司会の廣岡さんが「シマは作中で(エンタングルと)言う機会なかったですよね?」「じゃあせっかくなんでシマの声で1回言ってもらっていいですか?」とナイスな提案。
「シマの声で・・・」と廣岡さんが言った瞬間、何列か後ろのあたりから声を殺してるけどとても嬉しそうな女性の歓声が聞こえて、「ああ、きっとファンなんだろうな・・・おめでとうございます」って思った。




私は今回がオールナイト上映会初体験でした。
朝方まで起きてるのはよくやるけど、暗い中でずっと映画を見てたらさすがに眠くなるんじゃないかと少し心配だったんです。
いやー全く問題なかったですね。
心配だったのは上映会終盤の眠気だったんですが、むしろ眠さを感じたのは一番最初に上映されたADPの中盤で、それ以降は全然眠くなりませんでした
まあ当然と言えば当然ですかね。
ADPは本編がループしているうえ、「ここ2週間で最も繰り返し見ている映像」ですから。
「Memories in the shell」も8月以降だけで2回は見てるんですけどねw
まあ要するに、やっぱりゼーガペインはおもしろいなあ!!ってことですよ!!!

周囲に「あ、これ明らかに寝てるな・・・」って人がちらほら見受けられるようになった午前3時過ぎ、スタッフトークショーとならぶ今回の上映会の目玉企画である抽選会が開始!
サイン入りADPアフレコ台本×4
ADPのB2ポスター×6
SBGのB2ポスター×7
上映期間中新宿ピカデリーに飾られていたパネル4種
の大盤振る舞い!(ポスターの枚数はちょっとうろ覚え)
残念ながら私は当たりませんでしたw
でも、廣岡さんが「この大きさですので、拒否権があります!」と言っていたパネルは、当たった人たち全員が断らなかったのが驚きでしたね。
特にアルティールですよ。高さ2mで幅はそれ以上でしょう?
正直、私はパネルはどれが当たっても断るしかなかったと思います。
うちのサーバーにあれを収容できる余裕はないのだ・・・。


それにしても、オールナイト上映会のADP→「Memories in the shell」→「PROJECT RESURRECTION 8.3.1.2015」というプログラムは完璧でしたね。
特に「Memories〜」から「PROJECT〜」へのつながり方があまりにもきれいで、ちょっと感動してしまいました。
中盤から終盤へとつながるように作ったとは聞いていましたが、実際に繋げて見てみるとそのすごさがわかりますね。
あとは、「PROJECT〜」で司令代行として指揮を執るミナトを見て「あのエマちゃんがこんなに立派になって・・・!(つД`)」とこれまでにない感動に襲われましたw
この構成によって、ADPから始まって、時系列順にTVシリーズの結末までを一気に見たことになるんですねー。
清々しい気持ちで新宿ピカデリーを後にしましたよw





帰る途中、錦糸町駅のホームから撮った新東京タワー。
DSCF5796.jpg
錦糸町から電車が発車してすぐ、荒川を渡るタイミングで少し晴れまして、ADPで何度も見たようなきれいな朝焼け空が見られました。
またすぐ曇っちゃいましたけどね。





朝7時に地元に帰り着いた私は爆睡。
そしてその日の夜にはプレミアムバンダイから2個目のADP限定版BDが届きました。
これに伴い、私は少し部屋の整理をしました。
2010年にBlu-ray BOXが出てしばらくしたころ、ゼーガペインに関するものは(かさばるROBOT魂を除いて)一つの箱にまとめて入れていたんですが、今年の春から始まった10周年プロジェクトでゼーガ関連の物品が倍増しました。
元の箱は容量いっぱいでもう入らないので、2個目のゼーガ専用箱を用意したんです。
オールナイト上映会で10周年プロジェクトも一段落しましたしね。
今後の展開も見据えて、今あるものを入れても余裕ができるくらいの大きめの箱にしました。
いつかこの箱もパンパンになるといいな、と思います。



posted by しげる at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼーガペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443283206

この記事へのトラックバック